仮想通貨市場
分析AIプラットフォーム

世界中の価値ある仮想通貨情報が
集まる場所

東京大学の研究者が作ったAIが
24時間365日休まずに、
世界中の仮想通貨ビッグデータを
収集&分析します。

Ai

AIがあなたの代わりに
情報収集

  • リアルタイムで世界中の最新ニュースを常に監視
  • 人間では処理しきれない大量のデータ(ビッグデータ)を処理
Ai

SIGNALだけの
独自指数・独自情報を提供

  • WEB上の感情(センチメント)を分析したデータ
  • 開発力、開発の進捗を数値化した開発指数データ
  • 仮想通貨専門家,アナリストによる独自レポート
Ai

暴落・暴騰の可能性が高いときは
アラートで知らせてくれる

  • LINEで通知をしてくれるので気づきやすい
  • 仮想通貨の大きな値動きを事前に知れる可能性が上がる
  • 忙しいあなたの代わりに24時間リアルタイムで監視
  • あなたが見落としていた重要ニュースも見逃しません
Our Challenge

『買い時』『売り時』を逃さないために
SIGNALの新しいチャレンジ

1

仮想通貨投資の
リターン最大化に向けて

仮想通貨市場は“短期的なトレンド”ではなく“世界を変えるイノベーション”として広がってきています。様々な要因で通貨が激しい値動きを起こし、情報が氾濫している中、投資家にとっては市場の動きが予想しづらいのが現状です。

仮想通貨市場での投資家間の情報格差は大きく、リターンの成績も大きく差が出ているように見えます。5000%を超えるリターンを得ている投資家もいれば、損をしてしまっている投資家もいます。私たちのAI技術を使って、世界中の仮想通貨の情報を集めて整理することで、投資家の情報収集に役立てないだろうか。

そんな思いからこのプロジェクトが始まりました。

主要コインの2017年1月1日からの値動き

※時価総額の上位100位のうち2017年1月1日に上場をしていたコインをピックアップ

1

世界中の価値ある仮想通貨情報が
集まる場所

私たちはWEB上に存在する仮想通貨に関するテキスト情報、ブロックチェーン上の取引データ、マイニング時のデータ、仮想通貨のコード、チャート足、専門家による独自のレポートなど仮想通貨に関係する世界中の情報を意味ある形で収集することを始めました。

3

AIが仮想通貨ビッグデータを
整理して提供

世界中の仮想通貨情報は膨大で、人間が全てを把握して分析することは困難です。私たちはそのビッグデータをAIが整理して提供することで、投資家が効率的に情報収集できるようになることを目指しています。

仮想通貨投資で勝つための
効率的な情報収集をSIGNALで

仮想通貨市場予測AIプラットフォーム

SIGNALは世界中の仮想通貨情報をAIによって収集&整理するプラットフォームです。東京大学の研究者による金融市場最先端のセンチメント分析モデルを活かした自然言語処理技術と、機械学習技術を使用し、膨大なビッグデータを構造化データ化しています。また、投資家が効率的に情報収集ができるようにそれらのデータを最適な形で提供します。

Service

世界中の価値ある仮想通貨情報を手のひらにSIGNAL App

SIGNAL Appは、仮想通貨トレードに役立つ情報をiOSアプリ・Androidアプリでチェックすることができるサービスです。
値動きに大きな影響を与える可能性があるイベントを通知で受け取り、そのイベントのセンチメント分析・SINGALアナリストによる分析コメントを見ることができます。
重要なイベントを話題にしている人がどのように増えて、その人たちがどのような感情を持っているかを分析することができます。また、専門家の意見であるSIGNAL Analystのコメントを見ることができます。

仮想通貨の買い時・売り時イベントシグナル配信SIGNAL Alert

SIGNAL Alertは、市場で値動きに大きな影響を与える可能性があるイベントが発生した時にLINEで通知を受け取ることで、投資家が『買い時』『売り時』を逃しにくくするためのサービスです。 仮想通貨の上場情報など価格を急騰させる情報や、取引所の停止など価格を暴落させる情報などが世の中に出た時にいち早く教えてくれます。中国・アメリカなどの海外のイベントも通知します。

提供する情報の例

  • 中国の取引所が閉鎖することになりました。
  • Bitcoinに技術的なバグが見つかりました。
  • イーサリアムで大規模なアップデートが行われました。
  • クリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事が公の場で「銀行業は終わりを迎え、暗号通貨が勝利する」と発言

  • モナコインがbitFlyerで上場することが決まりました。
  • Apple共同設立者Steve Wozniakが「ビットコインはゴールドや偽米ドルより優れている」と発言

仮想通貨投資家ダッシュボード(プロ向け)SIGNAL Board

SIGNAL Board は仮想通貨の動向に関する数多くの情報が、一目でわかる見やすいUIにしたダッシュボードです。仮想通貨のトレードに役立つ様々なデータが集約されています。また、SSIやSDIといった独自指標を見ることもできます。SIGNAL Boardはプロ向けに設計されており、一部の投資家様のみに公開を予定しております。

独自評価指数のSSIとSDI について

  • SSI(Signal Sentiment Index)

    SSIとは、ウェブ上のテキスト情報から抽出した、市場参加者のセンチメント指数です。市場参加者がある仮想通貨に対して抱いている、ポジティブ・ネガティブといった感情スコアを表します。

  • SDI(Signal Development Index)

    SDIは各仮想通貨の開発速度、開発者コミュニティの成熟度合いやチームの開発力などを定量化した指数です。仮想通貨の潜在的な成長力を測る指標となります。

Member

CRO

伊藤 諒

プロフィール

東京大学工学系研究科修士課程。 個々の消費者がどのように情報を解釈し、その結果どのような経済活動が引き起こされるかに興味を持ち、マーケティングサイエンスの研究を始める。 その後、よりマクロな経済事象に興味を持ち、金融市場の解析の研究を始める。 現在、金融市場における機械学習・自然言語処理を専門としており、ジャーナル2本、国際会議1本、口頭発表6件と精力的に研究活動に従事しており、とりわけ金融市場における情報の非対称性や、投資家の認知の限界について興味を持つ。

研究

2017
金融テキストマイニングの最新技術動向 証券アナリストジャーナル, 2017 vol55 No.10
2016
企業のウェブ情報を用いた取引マッチング支援システムに関する研究 The 30th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2016
2015
テキスト情報を用いた企業間取引推薦システムの構築と評価 信学技報, vol. 115, no. 222, NLC2015-24, pp. 43-46, 2015年9月

その他論文はこちら

CEO

高橋 佑典

プロフィール

仮想通貨のビッグデータを元に市場を解明する FACTBASE社の代表。創業企業である株式会社Ezmomにてゲーム関連事 業を行い、複数の外国企業とのアライアンスを担当。エンジニアとして も月間数百万PVのWebサービス開発を立ち上げ期からリード。 FACTBASEでは、ビックデータと機械学習・自然言語処理を用いて仮想 通貨のデータ市場を創り、仮想通貨時代のBloombergを目指す。

メディア

仮想通貨の価格変動をAIで予測するSIGNAL 開発会社FACTBASE代表の高橋氏にインタビュー
https://bitdays.jp/?p=1603
CTO

前田 翼

プロフィール

大阪大学基礎工学部出身。
株式会社Ezmomにてチーフエンジニアとしてバックエンド開発、フロントエンド開発、インフラ管理をリード。 学生時代は株式会社サイバーエージェントにてサーバーサイド開発、株式会社リクルートにてAndroid開発、株式会社Gunosyにて機械学習開発を経験。FACTBASEではデータ基盤とユーザーをつなぐインターフェイスを中心に開発をリードしている。

Growth Hacker

河野 勝吉

プロフィール

2013年8月に株式会社Ezmomを創業、CEOとして累計1億円資金調達。ゲームユーザー向けコンテンツ事業を統括。面白法人カヤックインターン、株式会社アプリボットでゲームディレクターを経験。TechCrunchハッカソン2014最高得点で入賞など、10以上のハッカソン・ビジコンで入賞。FACTBASEではプロダクトのUX設計をリードしている。

メディア

92年生まれ、93年生まれがアツイ。同世代の飛び抜けた【若手起業家8選】
http://www.co-media.jp/article/7121